時の栖(ときのすみか)を探し求めて
台風18号
おはようございます。


大型の台風18号が日本縦断するという報せが届きます。

私たちの住む北陸は今晩通過するのではと心配しておりますが、実りの秋を迎え、

被害が最小であることを願うばかりです。


何はともあれ、ボスケは3連休、今日明日と営業の予定です。

昨日も柔らかな秋雨が降る中、とてもしっとりとした情景を楽しむことができました。

5名でお越しのお客様にも2組に分かれて座っていただきましたが、

とても静かに過ごされている姿が美しく思いました。

皆様にコンセプトのご理解をいただき、感謝です。

「福島・白桃を食す」企画も好評継続中です。桃の季節もあと少し、

今は「ゆうぞら」「彼岸白桃」の品種になってきています。

今年は7種類の白桃を皆様に提供できました。味わい、香り、身の固さなど、

少しずつ変化していく白桃をパティシエ(職人)としても楽しんでおります。



もう先週のことですが、2回目の夜ボスケ企画「閑カフェ(しずかふぇ)」を

開催させていただきました。2回目ですので提供側も少し落ち着いてサービスが

できたようにおもいます。お客様も夜ボスケ企画は皆様初めてのはずですが、

不思議と何回か経験された方が集まったような共有感が感じられました。

ご利用いただきましたお客様、ご理解ご協力ありがとうございます。


10月にも企画したいと思っております。必ずその日に開催できるわけではありませんが、

関心がある方は希望日、曜日等をメールくださいませ。参考にさせていただきます。

 yoyaku@hiver-bosque.com

1、2回目の夜ボスケに参加された方で、もう一度参加希望も可です。

是非、ご連絡くださいませ。


店主




ご案内

5周年記念企画「イヴェールボスケであじわう、堀部安嗣の空間と映画、お話とお菓子」

C,Dの時間帯は満席となりました。少しの立ち見席を受け付けている状況です。
ご了承くださいませ。
A,Bの時間帯はまだ空席がございます。申し込みをお待ちしております。

 - -
雨降る度に…。

こんにちは

 

 

今日はあいにくの曇り空、朝方の雨でしっとりとした空気感ですね。

 

ボスケの周りの植物たちは雨降るたびに葉を広げ、茎をのばし、

 

樹勢を強めております。つい最近、草刈りをしていただいたばかりなのに…。

 

イヤイヤ、緑の日々の成長を感じられるコト、季節の移ろいを感じられるコトを

 

喜ばないといけないですね。すぐに自分のエゴが出てしまう店主です…。

 

 

エゴといえば店入口の「エゴノキ」が可憐な白い花をたくさんつけています。

 

 

花言葉は「壮大」。枝や葉っぱの間から、たくさんの香りのよい花を咲か

 

せる姿から「壮大」という花言葉が付けられたそうです。また、実の皮

 

は「エゴサポニン」という有毒物質を含んでおり、何でも口に入れる癖が

 

ある店主は気をつけなければなりませんね。調べて良かった…デス。

 

 

注目の「ヒメシャラ」の樹に蕾がたくさん出てきました。

 

 

 

樹勢はいよいよワッサワサです。↓

 

 

少し散髪する必要がありそうですね。開花もとても楽しみです。



 

時々、ホール席のテーブルの上に、裏の山から切って来た枝を飾っています。

 

この写真の樹木は葉が小さく、また比較的長持ちなので気に入っておりますが、

 

ずっと何の樹だろう?と思っておりました。先日いつもお世話になっている方が

 

「マユミ」という品種では?と教えてくださいました。70歳を超える大先輩の方

 

ですが、いろんなコトを教えてくださいますし、また色んなコトに関心が高く、

 

貪欲です。もっともっと貪欲に学んでいきたいと思う店主です。

 


 

こちらはご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんが、トイレの緑です。

 

最近はその辺に生えているいわゆる雑草を使うコトがマイブームでした。前回は

 

何の草とワクワクして世話をしていると、何と「カモガヤ』でした。店主は

 

「カモガヤ』の花粉アレルギーが強く、イヤイヤイヤイヤと思わず声が出て

 

しまいました。そこで今回は店主でも分かる「ヨモギ」です。「ヨモギを

 

トイレに飾るなんて」とうちのオクサマには言われましたが、気にしません。

 

何か問題がない限りしばらく楽しみたいと思います。

 

 

 

最後に、胡桃の木情報です。

 

実がふくらんできました。

 

 

青々とした若葉が大きく葉を広げ、涼しい木陰を作ってくれます。

 

 

 - -
「嬉しいコト」

こんにちは

 

何と、ボスケブログ史上初の一日2回更新です。少しハイテンションな店主です。

 

 

 

下の写真は昨年撮影したものですが、毎年春先から姿を見せてくれます。

 

 

オスの雉は「ケンタロウ」(ケーン、ケンと鳴くからです)

 

メスの雉には未だ名前がありません。

 

 

今年も4月初め頃から声がして、中旬に姿を見せてくれました。

 

朝出勤した時に鳴き声がすると、よしよし、今日も元気にしているなと

 

嬉しくなります。

 

時々、カフェの景色を楽しんでいるお客様が「雉が見れました」と

 

嬉しそうにお話ししてくださいます。雉を見るとなぜか幸運な感じが

 

しますよね。ふっくらして美味しそうですし…。もとい、臆病で

 

人の気配がするとサーと走り去ってしまい、中々じっくりと見ることが

 

出来ないからでしょうか?そういえば、雉の走り方は〈小トトロ〉の

 

走り方に似ていますね。体上部が全くブレず、回転の早い足でトトトトトと

 

去って行ってしまいます。とっても可愛い走り姿です。

 

もし駐車場付近で見かけても追い掛け回さず、毎年姿を見せてくれることを

 

大切にして頂きたいです。

 

 

 

「嬉しいコト」がもう一つありました。

 

昨年10月から、カフェのご利用を中学生以上とさせて頂いております。

 

「静かに時間そして空間を楽しむコト」はお子さんには難しいと考えたからです。

 

知らずにご来店されたお子様連れのお客様にはたいへん申し訳なかったですが、

 

少しづつご理解、共感して頂けるお客様が増え、靜かな空間を保つことが

 

出来るようになってきています。お一人のお客様がかなり増えてきていることが

 

その証ではと考えています。まだまだ不十分な時間も多いですが…。

 

先日、「中学生になったので連れてきました」という母子のお客様。

 

緊張した面持ちの男の子と嬉しそうなお母さん、中学入学の節目を祝うコトが

 

ボスケで出来たとお伝えしてくださいました。ボスケで過ごす、空間、時間を

 

大切に考えて頂き、こちらこそありがとうございます。

 

私たちが提供できる「イヴェールボスケの価値」をもっともっと磨いていきたい、

 

そして丁寧にお伝えしていかなければ、そう教えて頂いた瞬間でした。

 

 

「御入学、おめでとうございます。」     店主

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - -
| 1/3 | >>