時の栖(ときのすみか)を探し求めて
生命力
こんにちは


今日は快晴の青空、気温が低く、シャンと身が引き締まる朝でした。開店前の窓の掃除も空気の清々しさがとても心地よく、また雑草が俺たちの出番だと言わんばかりに葉を広げようとしている様子はもう春だ、そして大変だなあと呟いている店主です。

先日、ボスケ周辺の樹木たちが蕾を膨らませている様子をお伝えさせていただきましたが、次はこちらの紹介です。


どうでしょう、見覚えのある方も多いのではないでしょうか。そうです、トイレの中で飾らせていただいている緑の枝です。実は昨年の2月に適当な葉付きの枝を切ってきて、花瓶に挿しただけのもの。どのくらい保つかなあとそれほど期待せずにいたのですが、早1年以上が過ぎました。切った枝が1年以上保つなんてとても不思議です。その理由を知識の少ない店主ではありますが考えてみました。
〇泙鮴擇辰浸期が良かった→2月枝に含まれる水分の最も少ない時期と考えられる
月に1、2回の水交換→同時に葉全体を水洗いし表裏なく水分を与えることが良かったかもしれない
Fに当たらない→トイレなので日光が非常に弱い=成長が遅い

3番目の理由はすこし自信があります。店主は以前、屋久島の縄文杉登山を体験したことがあります、まだ若かりし頃、10数年前になりますが…。その時に案内してくださった方が、屋久島は島全体が岩盤で、土壌に栄養が非常に少なく、根は深く掘り進めることが出来なく、浅く広く張っていくしかないことが長期間倒れにくい理由の一つ、そして養分が少ないことが遅い成長につながり、長寿になる理由の一つと教えてくれました。ん!成長が遅いことが長寿につながる!これか…!と思っています。笑






【夏蜜柑のコンフィチュール】1月に頂いた夏蜜柑の追熟も終わり、皮の苦味を生かしたコンフィチュールとコンフィ(砂糖漬け)をお作りします。もうしばらくでご用意できますのお楽しみに!
 - -
嬉しきコト
こんにちは。
今日はゆっくりとした穏やかな時間を過ごしています。空気が澄んで白山の姿がはっきり美しく見える日と今日のようにぼわーと霞んで見える暖かな日を交互に繰り返しながら、春を迎えるのでしょう。


ボスケ周辺の木々たちの様子です。
クルミの木姫リンゴの木蕾が大きくなってきました。すこし赤く色づいてきているような気がする…。


こちらは入り口周辺の「富貴草」です。白い可憐な花が咲いています。



優しい色合いの若葉が広がっていく、春はもうすぐ。いや今年はもう春になっているのか…。なぜか心がワクワク嬉しくなるのが不思議です。




先日、スタッフの一人から結婚、入籍の報告をもらいました。まだ若いスタッフですが、一緒に歩んでいくこと、家庭を作っていくことを大きな覚悟を持って踏み出したのだと思います。びっくりするやら嬉しいやら、オイオイ、モットハヤクイッテクレヨ、としばらく心踊っている店主でしたが、ゆたかな人生を過ごしていけるようにと責任も感じているこの頃です。難しくキツイ仕事もその先には大きな喜びがあるはず、楽しんでいこうぜ、な。


 - -
美しい春日です
こんにちは

今年は気温が低いおかけで桜の花を長く楽しむことができます。地元の町でも今日明日と「桜祭り」が開催され、気持ちの良い晴天の日を多くの人々が楽しんでいらっしゃることと思います。朝の冷え込みで気温3度、車のガラスに霜が降り、お湯をかけて出発した時から今日は良い日になりそうだと予感しておりましたが、今日の白山の姿は格別です。青空の中に浮き上がる白山はその名の通り、本当に美しい白き姿です。



胡桃の木も若葉が芽生え、春のやわらかな光を楽しんでいるようです。



そうそう、昨年の植えたスモモの苗「サンタローザ』からも新芽がニョキニョキと出ております。桃栗3年柿8年と言われるように実がなるまで3年かかるのでしょうか?もしかしたら今年から実をつけてくれるかもと気の早い店主が楽しんでいます。


来週の日曜日4月21日は「加賀温泉郷マラソン大会」、今日のような晴天に恵まれて、選手、関係者の皆様に加賀路を楽しんでいただきたいものです。イヴェールボスケはマラソン大会のコース上ですので、12時〜18時の営業時間となります。
 - -
春の光
こんにちは


今日は雲ひとつない、すっきりと澄み切った春の光で始まりました。車の車外温度表示はマイナス2度、霜が降りた大地に新芽が耐えながら照らされて美しく感じました。雉のケンタロウ(私が勝手に名前をつけています)の鳴き声が2度程、もうしばらくで姿を見せてくれそうです。






2月の中頃にブログに上げさせて頂いた「丸テーブル」のことですが、

3月初めにM様からお問い合わせを頂き、先日の土曜日に丸テーブルのお引き渡しをさせて頂きました。早速お写真を送ってくださり、「食卓を囲む景色も全く違ってとても気持ちがいいです」との嬉しいお言葉もいただきました。



M様にもお伝えさせていただいたのですが、今回、テーブルのメンテナンスを自分自身でさせて頂き、モノを作ること、使っていくこと、補修していくことができることが、とても大変なことだけれども何か変化の早い今の時代に置き忘れられている大切なことのように感じました。表面だけを美しく見せようとすることではなく、どれだけ削っても磨いても美しい表情の木目がある無垢の素材、改めてその良さを学ぶことができた機会になりました。

どうぞゆっくりと一緒に時間をお過ごしくださいませ。M様のご家族の中に丸テーブルが在ること、大変嬉しく思います。


新たな場所で新しい家族と新しい時を経ていく丸テーブル。少しの寂しさと大きな喜びの混じった、そんな心地の店主です。
 - -
今日の始まり
おはようございます。



朝7時過ぎ、窓からいつも以上にオレンジの光が感じられました。
美しい朝焼けです。

良い日になりそうです。


店主
 - -
| 1/5 | >>