時の栖(ときのすみか)を探し求めて
柚子を頂きました!
おはようございます。


昨日も荒れた天気になりました。

悪天候の中、ご来店いただきましたお客様、ありがとうございます。


最近はなかなか晴れ間を見ることが出来ませんね。

いよいよ、冬の到来というところでしょうか?

今日現在、少し太陽の光があり、良い日になるよう期待するばかりです。



先日、いつも草刈りでお世話になっているD様から沢山の柚子を頂きました。



柚子は柑橘系の中でも上品な香り酸味があると考えており、

とても好きな素材の一つです。沢山の量でしたのでスタッフ総出で

下処理をしました。

柚子の枝には棘があること、香りのほとんどは外側に表皮の部分であること、

思ったより果汁が取れないこと等、体験しなければ分からないことを

スタッフと一緒に共有できました。厨房中が柚子の香り、とても良い時間と

なりました。柚子は加賀市さんのハチミツと合わせて、コンフィチュールに

して商品化する予定です。


また、申し訳ありません、かなり遅れていますクリスマスケーキの素材にも

使いたいと急遽レシピ変更、もう少しお待ちくださいませ。今年は

∞と柚子を使用したムースのフランス古典菓子「カジノ」スタイル

苦みを効かせたコーヒーとショコラのムース  を予定しています。


お知らせ

クリスマスシュトレンのご予約を承っております。

(大)自宅用 4,100円+tax(22x10xh7cm 約1kg)

(大)進物用 4,350円+tax(22x10xh7cm 約1kg)化粧箱+リボン

(小)自宅用 1,800円+tax(13x7xh5cm 約300g)

(小)進物用 1,950円+tax(13x7xh5cm 約300g)化粧箱+リボン

今年もたくさん焼成しました。お歳暮等のご進物にもぜひご利用下さいませ。

お渡しは12月1日から、1ヶ月以上熟成したものを提供させていただきます。

数には限りがございますので、ご予約をお願い致します。



お知らせ

今週末の土曜日に、夜カフェを開催予定です。

あと二組ほど空きがございます。ご関心のある方はぜひ、

普段とは異なる空間、時間をお楽しみいただきたい、お待ちしています。

内容の詳細は前回のブログに記載されていますのでご確認ください。







 - -
青リンゴのコンフィチュール

こんにちは。

 

 

今日は久しぶりに朝から晴れ間が見えました。

 

白山の姿は雲がかかっているようで見えておりませんが、

 

運動会等が各地で開催されているようですので、お天気を

 

待ち望まれた皆様、大変喜んでいらっしゃるのではないでしょうか。

 

昨日昼からの久しぶりの秋の晴れ間を楽しんでいる店主です。

 

 

本日は岩手のリンゴ農家 サンファーム様から届いた

 

リンゴのコンフィチュールを紹介させていただきます。
 

数日前から販売させて頂いておりますが「ブラムリー」という青リンゴの

 

品種を使用したコンフィチュールです。以前このブログに登場したあの

 

酸味の強烈な品種です。

・青リンゴ=「ブラムリー」

・赤リンゴ=「ジェノバ」少量のため試食で終わりました・・・。

 

 

今回はリンゴとリンゴに対して40%弱のグラニュー糖だけで作りました。

 

とても煮崩れの早いリンゴですが爽やかな酸味が残るように丁寧に煮詰めました。

 

時間をかけて煮詰めた分、青リンゴのグリーン色を残すことが出来ませんでしたが、

 

「ブラムリー」の風味を楽しんでいただけると思います。

 

 

数量限定ですのでお早めのご注文をお願いいたします。

 

 

『ブラムリー(国産青リンゴ)のコンフィチュール』 160g入 845円

 - -
秋田・岩手 果実農家視察 2

7月も中旬を過ぎ、真夏ですね。

 

店前の樹木たちから蝉の声が全力で届きます。

 

暑さと蝉の声に圧倒されっぱなしの店主です。

 

 

 

 

さて、6月末に伺った農場見学の後編ですが、翌日は富山で同業の友人の紹介でお隣の岩手県

 

行ってまいりました。片道2時間ぐらいでしょうか?

 

同業者特有の夢や課題を話し合うとても有意義な時間で行き帰りの時間は

 

あっという間でした。

 

 

 

目的地は岩手県盛岡市の(有)サンファームさんです。

 

こちらはパティシエや料理人が好む、甘さよりも酸味や味の濃さを追求することに特化した

 

農園さんで、業界の有名シェフが通う農業への取り組みがとても情熱的な、

 

いい意味で変態的な?ところでした。

 

 

サンファームの吉田専務

 

こちらの農園ではさくらんぼやラズベリー、ブルーベリーなどを多品種育てられており、

 

味比べをすることができます。

 

たくさんの試食させて頂き、風味や香りの違いを学ぶことが出来ました。

 

視察の中でも特に私が感動したのは、70品種を超えるリンゴの木の栽培です。

 

ほとんどが酸味が強く生食に向かないクッキングアップルを育てられており、

 

プロが望む味の追求に挑まれております。

 

こちらが求める以上に酸味のある品種に詳しく、またその声に応えようとする姿勢に、

 

高いプロ意識を感じました。

 

せっかく頂いたご縁ですので、もっとたくさんのことを教えていただき、

 

良い商品づくりに生かしていきたい、熱く大量の熱量をぶつけられたように感じた

 

視察となりました。

 

吉田さん、サンファームの皆さんありがとうございます。

 

 

農園からサンファームさんの事務所に帰って、

 

リンゴのストレート果汁の試飲をさせて頂いた時にも驚きがありました。

 

「ブラムリー」という酸味の強い品種のストレート果汁。

 

通常はあまりに酸味が強いため、甘い品種とブレンドするために使用するそうです。

 

ただこちらではそのストレートジュースを試飲させていただくことが出来ました。

 

当店の林檎ジュースは大人の方が喜ばれるようなさっぱりとした酸味の強いものを

 

選んで提供しております。

 

最初は「むつ」という品種のジュース。

 

この品種の収穫量が少なくなり、「紅玉」に変更していました。

 

ただ、この「ブラムリー」単体のジュースは衝撃的でした。

 

とっても酸っぱい、しかしとても爽やかで真っ直ぐで後味の綺麗な甘さがあります。

 

今年の収穫がありましたら、ぜひこのジュースを使いたいと計画中です。

 

酸味好きの方、お楽しみに!

 

 

 

農家の方にお世話になって、農場を見学させていただき、お話を伺う、

 

こちらの考えを伝えることはとても意味があります。

 

一番は熱量を感じることでしょうか?

 

私達のモチベーションが高くなります。

 

大切に丁寧にお菓子を作っていかなければ申し訳が立たない、そんな思いを持って

 

菓子作りに向かいます。

 

 

 

 

実は先週の定休日の火曜日にも、日帰り福島県1080km、桃農家視察を敢行してきました。

 

こちらも「世界一甘い桃づくりを目指しています」情熱変態的農家さんです。

 

話が長くなりましたので、次の機会にお伝えしたいと思います。

 

美味しい桃は先日から納品していただき、商品としてお出ししています。

 

ぜひお試しくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - -
秋田・岩手 果実農家視察

蒸し暑い夜が続きますね。

 

ボスケの周りには明かりが無いので出入口の戸を開閉するときは虫が入ら

 

ないように必死の店主です。

 

 

 

先月の末に同業の富山の友人と秋田県、岩手県の果実農家さんの所へ視察

 

に行ってきました。

 

 

 

初日は飛行機を乗り継ぎ+レンタカーで秋田県南秋田郡五城目町の木苺

 

フランボワーズ)の栽培農家さんを訪ねました。

 

五城目町のシンボル「森山」

フランボワーズ(ラズベリー)の実

フランボワーズ(ラズベリー)の花

 

五城目町きいちご栽培農家の皆さん

 

 

なぜ、遠く秋田県の五城目町まで足を運んだかというと話は半年ほど遡

 

ますが、今年の1月の中頃でしたでしょうか。

 

冷凍されたフランボワーズと一通のお手紙が届きました。

 

 

『はじめまして、秋田県五城目町のYと申します。きいちご農家として活

しております。妻が石川県加賀市山中温泉出身で帰省の度にお店に伺

っております。お土産の赤すぐりとラズベリーのジャムがとてもおいし

かったです。海外産のラズベリーを使っていると伺い、ぜひ私たちが育

てたきいちごをつかっていただきたい・・・。』

 

 

純粋で素直な文面のお手紙をとても嬉しく感じ、そして奥様のご実家が

 

元加賀市の山中町とご縁があること、また安全な安心な国産のフラン

 

ボワーズを使うことが出来ればとご連絡を取らせて頂きました。

 

半年の間、何度か連絡を取らせて頂き、商品化への試作を行っておりま

 

た。そして念願が叶い、秋田五城目町へようやく視察に来ることがで

 

きました。

 

 

 

五城目町は国産ラズベリーの先駆け産地を目指し、秋田県立大学と産学

 

同研究を8年前から続けているそうです。勉強熱心でブランドを作り

 

上げるために規格の徹底、栽培指導など努力を続けてこられている様

 

子を伺う事が出来ました。栽培する農家の方々の気持ちが表れるので

 

しょうか。五城目町の木いちごはクリアな透明感があるように私には

 

感じられました。(味が薄いわけでは無いです)

 

 

 

3,4箇所の畑を見学させて頂いた後のお別れ間際になってしまいまし

 

たが、試作をして持ってきた「五城目町の木いちごと加賀市産のから

 

す山椒の蜂蜜を組み合わせたコンフィチュール」を試食して頂きまし

 

た。自分たちの育てた果実の商品化をお見せできたことと、クリアな

 

色や爽やかな酸味に蜂蜜の風味をプラスした味わいにとても喜んでい

 

ただけたと感じました。農家の皆さんのご苦労や想いそして人柄を直

 

接感じることができ、また菓子職人としての意見をお伝えすることが

 

できたりと五城目町まで来て良かった、やっぱり足を運ぶことが大切

 

だと改めて思いました。

 

遠い秋田県ですが、ご縁をいただいた皆様に感謝いたします。ありが

 

とうございます。

 

加賀市出身でYさんの奥様もわざわざ会いに来てくださって嬉しかっ

 

たです。また帰省された折にはご来店くださいませ。楽しみにお待ち

 

しております。

 

 

 

翌日の岩手県のサンファームさんは富山の友人の紹介です。

 

また後日お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

※『フランボワーズ(国産)とからす山椒蜂蜜のコンフィチュール』

 

@780円 845円に価格改定いたしました。

少量ですが店頭に並びました。ご興味のある方はお早めにご購入くだ

 

さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - -
胡桃の木

ご無沙汰の店主です。すみませんです。

今年もシンボルツリーの胡桃の木が実をつけておりますが例年よりかなり少ない状況です。

 

原因は・・・・。専門家ではないので間違っているかもしれませんが、

春頃の強風で花や若葉がダメージを受けたことではないかと考えています。

強風を受け続けると葉が乾燥し枯れてしまうそうです。

確かに、嵐のような風が去った後は若葉が縮み、シワシワになっていました。

葉はそのまま大きくなりましたが縮んだ縁のところがそのままで、

いびつな形でしたので心配しておりました。

ところが、自然の力はすごいですね。

次から次と新しい若葉が出てきて大きく葉を広げてきます。

反対に傷ついた葉は枯れ落ちていきます。

 



いま、ボスケの胡桃は青々とした葉で大きく広がった枝を覆っています。

夏の日差しを遮り、キラキラとした爽やかな木陰をつくりながら・・・。

 

 

 

ところで、胡桃の木を植えたいという方はいらっしゃいませんか?

草刈りのお世話いただいているDさんが胡桃の新芽を鉢に移してくださいました。

しばらく裏に置いておいたのですが、大きく元気になっているようですので店先に移しました。

大切に育ててくださる方、スタッフまでお声掛けください。


 - -
| 1/2 | >>